仮想通貨

仮想通貨の可能性を知るにはトークンとは?を理解すべき

仮想通貨(もしくは暗号通貨)の世界に踏み込んで調べ始めてみると、スグに『トークン』というキーワードが現れます。

このトークンとは何なのか?仮想通貨の世界ではどういう役割なのか?仮想通貨について調べ始めると、このトークンというキーワードが頻繁に出てくるので、しっかりと理解しておかないとスグに思考が止まってしまいます。

そして何より、このトークンの概念こそが仮想通貨の可能性を広げているものなのです。トークン自体が意味するところと、それが仮想通貨とどう関係があるのか?という点についてまとめてみました。

仮想通貨を生み出している技術背景を知ることで、仮想通貨というものが投機目的だけではない側面を持っている事を感じられると思います。

僕自身、仮想通貨やトークンの概念に非常に将来性を感じているからこそ仮想通貨での資産運用を始めました。

仮想通貨で言うところのトークンとは何か?

タイトルにもなっていますが、仮想通貨の可能性を知るためにはトークンというものが何なのか?を知る必要がありますので読み解いていきましょう。

「トークン」という言葉自体は仮想通貨の世界に限った言葉では無く複数の意味を持ちますが、ここでは “硬貨の代わりに用いられる代用貨幣(だいようかへい)のこと” という点について、仮想通貨の世界で言うところのトークンに限定して話を進めていきます。

参考:ウィキペディア – トークン

代用貨幣とトークンをイメージしてみる

まずはウィキペディアで説明されている“硬貨の代わりに用いられる代用貨幣” がどんな物かを理解するためには… 僕としてはゲームセンターのコインをイメージするのが良いかなと思います。

ゲームセンターでコインゲームをする時に両替機でお金を入れて手に入れるあのコインですが、パッとイメージできますか?

荒っぽく言ってしまうと、そのゲームセンターのコインが “硬貨の代わりに用いられる代用貨幣” =トークンというイメージです。基本的にゲームセンターのコインというのはゲームセンターの外部には持ち出し禁止(持ちだしても使用できない)で、そのゲームセンター内という限定された範囲でお金の代わりとなる価値を持つものですよね。

まずは代用貨幣(トークン)に対して大雑把にこんなイメージを持ってもらえたらOKかと思います。

もう少し理解を進めよう、仮想通貨とトークンの違いとは?

さて、トークンを大雑把にイメージしてもらいましたが、仮想通貨とトークンは何が違うのでしょうか?

意地悪な言い方になりますが、先ほど「ゲームセンターのコインがトークンというイメージですよ」と言いましたが、もしも「ゲームセンターでのコインが仮想通貨ですよ」と言っていたとしても、きっと「ああそうなんだ」って思ったのではないかと思います。

実際、仮想通貨とトークンは非常によく似ていて、これらは比較的新しい言葉なので、言葉の定義として厳密な線引きができていない印象があります。

この仮想通貨とトークンの呼び方の違いは技術的な側面による部分が大きく、

仮想通貨は、あくまで独自のブロックチェーン技術から作り出された物を意味します(意味する事が多いです)。『イーサリアムというブロックチェーン技術を使った仮想通貨がETH』であり、『リップルというブロックチェーン技術を使った仮想通貨がXRP』であり、『NEMというブロックチェーン技術を使った仮想通貨をXEM』と名付けています。
独自のブロックチェーン技術で作った仮想通貨をETH,XRP,XEMと呼ぶということですね。

一方のトークンは、すでに公表されている既存のブロックチェーン技術(Counter Partyなど)を使って作った仮想通貨を意味します。ちなみに、トークンも独自のブロックチェーン技術を使って作った仮想通貨と同様に売買するためのプラットフォームが存在します。

ブロックチェーン技術とは何か?については奥が深く、この記事から大きく脱線してしまうので▼良くまとまっているコチラの記事を参考にしてください。

参考:「ブロックチェーンとは結局何なのか」ビジネスパーソン向けに徹底解説&ブロックチェーンの衝撃・金融サービスへの応用補足説明 | ビットコインの最新情報 BTCN|ビットコインニュース

まぁ、ブロックチェーンを僕なりに一言で言ってしまうと、ビットコインを通貨として成立させるために生み出されたセキュリティ面・ネットワーク負荷の面において革新的な技術ってとこですかね。ブロックチェーン技術が無ければ仮想通貨は世に出回っていなかったと思われます。

さて、ごちゃごちゃし始めましたが、ここまでをまとめると

  • 【仮想通貨】…独自のブロックチェーン技術を使って作り出される。
  • 【トークン】…既存のブロックチェーン技術を使って作り出される。

という違いがある事が分かります。

ただ、海外の記事ではETHトークンやXRPトークンという表現が使われていることもあり、このあたりで厳密な線引きができていない印象を受けています。

トークンと仮想通貨にはカレンシーとアセットの2つのタイプがある

s-coin-1379517_1280

ここは理解マストではないですが、知っているとさらに理解が深まる知識です。

カレンシータイプ

仮想通貨の代表であるビットコインを始め、イーサリアム、リップル、ライトコイン、NEMなど仮想通貨の多くがこのカレンシータイプにあたります。

このタイプは、アルゴリズム(プログラミング)によって仕組みが決まっており、発行枚数の増え方、最大の発行枚数(ビットコインの場合は2100万枚)があらかじめ決められています。後から変更することもできません。

※発行枚数は採掘(マイニング)することで増えていきます。最近は大手企業もこぞってマイニングに参入しており、このあたりはあらためて記事にまとめたいと思います。

アセットタイプ

発行者が居て発行枚数や発行のスピードなどを発行者が決めることができるのがこのアセットタイプです。このタイプは、株式に置き換えてイメージすると分かり易くなります。

株式会社は株式を発行して資金調達をすることが出来、発行する株式を増やすことも減らすこともできます。そして投資家は、会社の業績や将来性を判断して発行された株式を取引することができます。

アセットタイプはこの株式を仮想通貨に置き換えたようなイメージになります。

トークンという概念が加速させる仮想通貨の可能性

s-light-bulbs-1125016_1280

さて、一読しただけでは理解が難しい内容かもしれませんが、ここまでいかがでしたか?

あらためて確認しておくと、トークンとは『既存のブロックチェーン技術を使って作った仮想通貨』という事になります。

特に、新しい仮想通貨のトークンを発行して投資家に取得させることで資金調達することを特にICO(株式のIPOのようなもの)と呼びます。

※ICOの後晴れて上場(取引所で売買可能になる)するとその価値が跳ね上がるケースが非常に多いため、ICO投資で儲けている人も多くいます。

この既存のブロックチェーン技術を使って作る… 小難しそうな感じですが、手順を踏めばトークンは意外と簡単に発行できてしまいます。

そして、このトークン発行の考え方ですが、なにも仮想通貨のICOだけに限った話ではなく、会社や団体とかサービスや商品などにも適用させることができる点に非常に可能性を感じています。

会社や団体でのトークン発行は株式と似ているのでイメージがし易いと思いますが、サービスや商品でのトークン発行も同様で、例えば「本(デジタル書籍)」なんかでもトークンの概念を応用すると面白い事が出来るのではと思っています。

~ 妄想ココカラ ~

(´-`).。oO(ある本をAmazonなんかで普通に販売するのではなく、『デジタル書籍のトークンを発行し、そのトークンを持っている人だけがその内容を読める権利がある』というような仕組みを作ったとします。

まず本の著者は最初に発行したトークンを売ることで資金を調達できます。一方、トークンを購入した読者は読み終わったら持っているトークンを保持し続けることもできますが、転売するという選択肢もあります。そして、その時点で、本の内容が面白かったり読みたい人が増えているとトークンはより高い価格で売買され、トークンの価値が上がっていきます。これまでは定額で本を一度買ったら終わりというモデルだったものが、その本を中心とした株式取引のようなモデルになり、「(本来、読むだけならトークン1つ保持してるだけでOKだけど)これから価値が上がりそうな本なのでトークン複数買ってみようかな」と言った投機的な側面が生まれるワケです。

あとは、本の著者がトークンの発行数をコントロールしたり、一度発行したトークンを買い戻したり、とかね。面白そう。)

~ 妄想ココマデ ~

その他にも、トークンは個人なんかでも発行することもできますね、ジュンイチトークンとか。うん、別にいらないか。

これは最近流行りのVALUと似た考え方になりそうですね。(著名人じゃないと難しそうですけど)

あわせて読みたい
VALUがキテる!ビットコインで自分の価値を株式ライクに取引するサービス(時価総額を算出されてみた)2017年5月に株式会社VALU(代表取締役:小川晃平)がスタートしたVALU(バリュー)というサービスでは、だれでも株式会社のように自...

まとめのヒトコト

ここまで書いてきて思いますが、トークンはそれ自体が価値を持っている通貨としての側面と、そのトークン自体の売買に参加するためのチケットとしての側面を持ち合わせたものというイメージを持つと理解がスムーズかもしれませんね。

「仮想通貨」と聞くとギャンブルのようなイメージで投機的な面のみがピックアップされがちですが、この記事を読んで仮想通貨とトークンという革新的な技術の産物が描く未来に興味を感じた人がいれば、長期的に見て早めに仮想通貨の流れに乗っかっておくべきだろうと思います。

現時点では、日本では仮想通貨の存在を知っている人は多くても、なんらかの仮想通貨を保有している人は5%にも満たない程度だと言われています。今ならまだ仮想通貨の世界でのアーリーアダプターになれるチャンスが転がっています。

周りの大勢が気づいて重い腰を上げた時には投資の旨味はおそらく失われています。仮想通貨を始めるのであれば、僕も利用中の『日本最大の取引所であるコインチェック』をオススメします。

以上、そのうち現実になるだろう仮想通貨の可能性の話でした☻ではまた!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

この記事が参考になりましたらコメントやFacebookページへの[いいね]を頂けると大変励みになります(^人^)

ABOUT ME
ジュンイチ
ジュンイチ
\買ってよかった/➡【現在34品】を厳選セレクト中!(2018.7.10更新) 僕が狙っているアイテム ➡欲しいものリスト(キャンプ用品多め)
こちらの記事もどうぞ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)