VALU

VALUがキテる!ビットコインで自分の価値を株式ライクに取引するサービス(時価総額を算出されてみた)

2017年5月に株式会社VALU(代表取締役:小川晃平)がスタートしたVALU(バリュー)というサービスでは、だれでも株式会社のように自分の価値をトレードすることができます。画期的です。

はい、冒頭から何を言ってるか分からないと思いますが問題ありません。正直僕も理解するまでに少々時間がかかりました。笑

サービスについての説明は後述しますが、このVALUというサービス、斬新でとても面白いなと感じたので紹介したいと思います。

取引には仮想通貨の「ビットコイン」を使います。このVALUのおかげで一時期低迷していたビットコインの相場を引き上げるほどに、まるでバブルの様相を見せています。

ビットコインという名前は聞いたことはあるけどなんだか怪しいイメージが..という印象を受けるかもしれませんが、VALUについてはサービス開始にあたり金融庁に足繁く通って法的な問題もクリア済とのこと。

と… なんだか怪しさ半分面白さ半分ですが、非常に画期的な仕組みで、二の足を踏んでこの波に乗り遅れてもアレなので、早速僕もVALUに登録してみました。

自分の時価も算出してもらいました!

VALUって何?

2017-06-22_14h45_52

一時、隆盛を極めた 今は亡き(まだある)mixiを彷彿とさせるようなビタミンカラーのオレンジ色のサイトです。

VALUで出来る事は、「個人の株式を簡単に発行して、好きな価格をつけて、ビットコインを用いて売り買いする」です。イメージ的には、これまで上場した会社だけができていた株式公開を、個人のレベルでもできるようにしたようなサービスです。これにより個人個人が疑似的な株式を発行して、資金調達をすることが可能になります。

クラウドファンディングとの違い

資金調達と言えばクラウドファンディングがあるけど同じようなもの?と思うかもしれませんが、クラウドファンディングは「明確な目的を掲げてそれに向けての支援(資金調達)を募る」というサービスであるのに対し、一方のVALUは、明確な目的が無くても個人に対して投資ができます。この人面白い事やりそうだから支援してみるか、といった感じ。

VALUには配当は無いが優待特典がある

VALUには株式のような「配当」がありません。なので、”VA”(株式)を保持しているだけでは配当金がチャリーンなんて事はありません。

が、VALUには株主優待のような「優待」の特典があります。これは上場してVAを公開している人が独自に設定することができます。VAをいくら以上購入した人に〇〇の特典がありますという感じで、有益なものからネタ的なものまで。

個人の価値には時価があり変動する

取り引きに応じて個人の時価総額(VAの価格)は変動します。株式市場のように、その人が発行しているVAが欲しい人が多ければ価格は高くなっていきますし、逆も然りです。そもそも全く買い手がつかない場合もあります。

VALUでは、個人の時価総額の初期値を算出する根拠にSNSが使われます。
具体的には①Facebookの友達の数②Twitterのフォロワー数、③Instagramのフォロワー数の3つです。僕もやってみて時価を算出されたので後述しています。

このように算出された時価総額を基にVAの売り出し金額が決まります。最初の発行VA数は1000なので、1VAあたりの売り出し金額は[時価総額÷1000]となります。
※発行VA数はプルダウンっぽいUIでしたが1000しか選択できませんでした。

※「SNSで繋がっている数でしか計算されないのか」「SNSを利用せず活動している人には価値が無いのか」という意見も当然あるとは思いますが、何らかのものさしが必要ですし、売り出し金額のベース算出を現行をこのような仕様にしていますが、サービスが続いていって取引が落ち着けば価格も適正化されていくものかなと思います。

VALUの新規登録やってみた

「この人は!」「支援したい!」という人を見つけてVAを購入して支援してみるのも面白いですが、やはり自分自身で上場して株主になってみるのが面白いかなと思ったのでやってみました。

SNSから時価総額を算出されました

前述の通り、SNSでどれだけの繋がりがあるかで時価総額が算出されます。

2017-06-22_15h05_09

これはFBだけ連携されている状態

僕はVALUの登録をFacebookアカウントでやったので、最初からFacebookの友達数が考慮されて 0.411BTC と表示されましたが、その他にTwitterとInstagramのアカウントを連携して最終的な時価総額を算出すると…

valu-first-amount

時価総額20万円ちょいとのこと

 

僕のVALUでの時価総額は 0.712 BTCとなりました!

最初の発行VA数が1000なので、1VAあたりの売り出し金額は ÷1000となり 0.000712 BTCとなりました。

参考までに僕の時価総額の算出状況

①FB:411人 ②Twitter:712人 ③Instagram:134人
金額の単位はBTC(ビットコイン)です。
記事執筆時点(6/22)での円換算時価総額は 214,568 JPY(円)でした。
1VAあたり2,145.68 JPY(円)となります。 

コチラがそんな僕のVALUアカウントです。
参考:VALU | Junichi OkuboのVALU

あわせてビットコインも購入

VALUではビットコインで取引されるので、VALUアカウントの登録と平行してビットコインの取引所にも登録&購入しました。

ビットコインはcoincheckbitFlyerといった取引所で購入可能です。ビットコインを購入後、自分のVALUのアカウントにビットコインを送付すれば、そのビットコインで晴れてVAが購入できるようになる。という流れです。

ビットコインを初めて購入する場合、取引所への登録はFacebookなどのアカウントを使うことができます。個人情報を登録して、免許証を撮影してアップロードすれば口座が有効になり、僕は即日ビットコインを購入できました。思ったより早かった。

さて、購入したビットコインでだれのVA買おうかな!しばらくVALUの中を徘徊してみます。

まとめのヒトコト

このVALUですが、(上述しましたがクラウドファンディングと違って)集まった資金を本人がどのように利用するかについては制限がありません。この点が支援する側と支援される側に解釈の相違がありそうだな~と感じています。

なんならVALUで支援してもらったビットコインを換金してキャバクラに行く資金にしてもいいわけですよね。

ただ、(購入しておいたVAを売却する時の利益発生を見込む場合は除いて、)支援する側はその支援される人に対して何らかの見返りを期待してしまうのが普通なんじゃないかと思います。純粋に応援したいからこの人のVA買います!ビットコイン差し上げますよ!っていうのはなかなか難しい感覚ですしね。

現状は上場廃止にする仕組みも無いようなので、ユーザーにそのあたりの理解が浸透するかどうかで今後サービスが流行るか廃るか… 斬新なサービスなのでしばらく見守っていこうと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます!

この記事が参考になりましたらコメントやFacebookページへの[いいね]を頂けると大変励みになります( ・ㅂ・)و ̑̑

ABOUT ME
ジュンイチ
ジュンイチ
『いちご大福を思い付いた人に感謝を伝える機会はまだ来ない☻』 …とプロフに書いていたところ、この記事で頂いたコメントによりこのミッションを実現できそうになったので次回東京に行くタイミングで新宿本店に伺いたいと思っています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)