モバイルwifi

WiMAX 2+でネット環境の見直し【GMOとくとくBBギガ放題】

当記事の情報は古くなっています。

当記事のWiMAX GMOとくとく~の内容が悪いワケではないですが、現在モバイルWi-Fiルーターを選ぶのであればこちらの記事も参考にされることをオススメします☻

あわせて読みたい
今選ぶべきモバイルルーターは『FUJI WiFi』一択!特に地方ではWiMAXオワコン説僕は現在WiMAXを使っていて、以前にはこのような記事を書きました▼ https://jun1ch.com/wimax-gmo しか...

今回はネット環境のお話です!

誰しも満足度の高いものを選びたいものですが、ネット環境は非常にたくさんのサービス・料金プランが乱立していて、身の回りを見ても

(´-`).。oO(もっと別の契約をしたらいいのに… )

と思う事が非常に多いのが現状です。「知らなくて損した!」を無くすためにこの記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

さて、みなさんは「通信制限」くらってますでしょうか?

スマホ使ってて月の後半ビクビクしますよね、通信制限がかかってしまうとネットするのめっちゃ遅くて不便ですよね..

[memo title=”MEMO”]

2017年1月現在、大手3キャリア(docomo/au/SoftBank)のデータ通信プランは各社とも下記の料金体系です。データ通信容量20GBのプランはここ最近になって各社こぞって打ち出してきましたが、標準プランとされているひと月5GBまで制限で頑張っている方が大多数かと思います。

  • ¥5,000 データ通信容量5GBまで
  • ¥6,000 データ通信容量20GBまで

[/memo]

もちろん、大手3キャリアの場合はこれに加え、「なんとか放題の基本料」とか「オプション料」がついてきて結局月々の支払金額が¥10,000前後になるのが実状でしょう。

さて、今回は無数にあるサービス・プランの中から、ベストな構成をチョイスすることで
[say name=”昔の自分” img=”https://jun1ch.com/wp-content/uploads/2017/01/img_4553-1.jpg”]

  • ネットくらい容量気にせず毎日サクサク使いたいよ..
  • 月々のコストはできるだけ安くしたいよね..

[/say]

という、一見相反する2点のワガママを実現したい!と
調査して実際に使ってみた記録です。

この記事の概要と結論:現在の僕のネット環境

現在の日本国内でインターネット接続しようと思うと、一般的にこのように4つの手段がありますよね。

  1. スマホ・携帯でインターネット
    ⇒  docomo / au / SoftBank / その他MVNO(格安SIM)
    〇 MVNOであれば割安。
    〇 利用可能エリアが広い。
    × 利用データ容量による通信制限あり。(一般的に5GB)
    × 大手3キャリアは割高。
  2. 家やマンションの壁にLANケーブル挿してインターネット
    ⇒ フレッツ光など
    〇 通信速度は安定して早い。
    〇 利用容量の制限なし。
    × 月々の費用が割高。
  3. モバイルルーターでインターネット
    ⇒ ポケットWiFi / WiMAXなど
    〇 屋内外問わず利用可能。
    〇 通信速度は比較的早い。
    △ 利用データ容量による速度制限あり。(が、日常快適に使えるレベル)
    × 携帯と比べると利用可能エリアが狭い。
  4. 無料Wi-Fiでインターネット
    ⇒ カフェ、コンビニ、商業施設が提供しているなど様々
    〇 無料で利用できる場合が多い。
    × わざわざ店に行かないと使えない。接続回数や接続時間制限のあるサービスが多い。

はい、このような感じで一長一短あります。
結論から言ってしまうと、この中で僕がチョイスしたのは

[say name=”今の自分” img=”https://jun1ch.com/wp-content/uploads/2017/01/img_4553-1.jpg” from=”right”]

    • 1.スマホ・携帯でインターネット
      ⇒ ¥1,600 iPhone mineo(Dプラン3GB)
    • 3.モバイルルータでインターネット
      ⇒ ¥3,299 WiMAX 2+ GMOとくとくBB

の2つ構成!月々¥4,899で家でも外でもネット接続サクサクです。
僕が実家を離れていたプロ一人暮らし歴11年間のうち、後半5年間は家庭用のネット回線は引いていません。[/say]

▼iPhoneが安く使える格安SIMについてはmineoの記事を書いていますのでご覧ください。
[kanren id=”514″]

今回は、上記 『3.モバイルルーターでインターネット』 に焦点を当てて書いていきます。

モバイルルーターとは

いろんな端末がありすぎて分かりにくい世の中ですが、
まず、モバイルルーターとは「Wi-Fi(ワイファイ)に対応している端末を屋内でも屋外でもインターネットに接続できる小型の通信機器」のことを指しています。
代表的なものにポケットWiFiWiMAX(ワイマックス)があります。

サービスの提供会社と、プランを提供している会社を混同してしまうとスッと頭に入って来ないので分かりにくいものです。ここでそれぞれの特徴について一旦整理しておきましょう。

それぞれに共通するプランの考え方としては下記のイメージです。
①月に7GBまでプラン(超えたらインターネット接続できない)
②月の利用は無制限だが、3日間で何GBを超えた際に速度規制がかかるプラン(混雑回避のため速度制限がかかるが、携帯よりゆるいためそこそこ快適に使える)

ポケットWiFiの特徴

  • サービス提供:ワイモバイル(旧イーモバイル)
  • プラン提供:ワイモバイル、Yahoo!Wi-Fi、Broad LTE、VOYAGE LTEなど

①基本のプランは月7GBまで
基本のプランにアドバンスモード(月¥684)を追加すると無制限利用
※ 7GB使い切るまでにアドバンスモードの設定をしておく必要あり。
※ 混雑回避のための速度制限(3日間で約3GB以上利用時)があります。

WiMAX 2+の特徴

  • サービス提供:UQコミュニケーションズが提供しているサービスです。
  • プラン提供:UQコミュニケーションズ、GMO、@nifty、Biglobeなど

①基本のプランは月7GBまで
②ギガ放題プランで無制限利用
※混雑回避のための速度制限(3日間で3GB以上利用時)があります。

正直、毎日スマホやPCを接続して利用していると、3日間で3GBは厳しい条件です。しかし、WiMAXの制限内容は厳しくなく、僕自身、頻繁に速度制限に引っかかってますが、PC利用時でもストレスなく使えてしまっています。

ちなみに、直近の3日間の合計が3GBなので、一度速度制限にかかっても日が経って直近3日間の合計が3GBを下回れば解除されます。

UQコミュニケーションの発表では、現状は”速度制限時でもYouTube動画のHD画質レベルが鑑賞できる速度以上”となっています。やさし過ぎですね。なお、速度制限について2017年2月2日から仕様が変更されることが既に発表されており、3日間の合計が3GB⇒10GBまでに緩和されますが、”速度制限時はYouTube動画の標準レベルが鑑賞できる速度以上”になるとのことです。それでもやさしいです。
(速度制限の改正について詳しくは後述)

オススメするWiMAX 2+のプランについて

僕はWiMAX 2+を使っています。理由は、データ容量制限が無い中でイチバン安いから。WiMAX 2+の契約プランは複数ありますが、どの会社で契約してもWiMAX 2+自体のサービス内容(接続エリア・通信速度)は同じなので料金で比較するのがよいと思います。

僕はGMOが提供している、GMOとくとくBB ギガ放題プランにしました。

GMOとくとくBB ギガ放題プランの料金について

GMOとくとくBBには、ネットで検索したらヒットする【通常プラン】と、既に契約中の人から紹介される【紹介プラン】があります。

まずはフツーの【通常プラン】について

[memo title=”MEMO”]通常プラン】普通にネット検索してヒットするもの
http://gmobb.jp/lp/wimax2plus/?btn_id=top_wm2_1312_menuA
大きなキャッシュバックがあるが、キャッシュバックをもらう方法が鬼畜。
・端末料金:無料
・[0ヶ月目¥0]+[1,2ヶ月目¥3,609]+[3-24ヶ月目¥4,263]

2年間の合計で考えると
[¥3,609×2ヶ月分]+[¥4,263×22ヶ月分]=¥101,004 となり、
例としてキャッシュバック¥26,000が適用できたとすると、
¥101,004-¥26,000=¥75,004(月あたり¥3,126) となります。

※キャッシュバック料金は、選択した端末とクレードルありなしで前後しますが、WX03クレードルありの場合は¥26,000です。
[/memo]

【通常プラン】にはこのように大きなキャッシュバックがあり魅力的ですが、キャッシュバックをもらうための条件がなかなか面倒くさく、『契約してから11ヶ月目に送られてくるメール(契約時に与えられるgmobb.jpメールアドレス宛て)に対して口座情報をレスする。もし口座情報が誤っていたらキャッシュバックしてもらえない。』という...

キャッシュバック目当てで契約させておいて、取り溢すのをGMOが狙っているようにしか見えないし、僕自身この手順でキャッシュバックをもらえる自信が無かったので通常プランは敬遠しました。契約時にもらえるgmobb.jpドメインのメールなんて普段使わなくて気づかないだろうしw

正直、この手順を知ったときは、マジかよありえる?と思いましたが、GMOのキャッシュバックの難しさについてはネットで検索するとたくさんの記事がヒットしますので、参考までにひとつご紹介。
【高難易度】WiMAXのキャッシュバックが鬼畜過ぎる。GMOのキャッシュバック難民にならないための対処法

と、GMOへの愚痴っぽくなってしまってますが、
僕がオススメする本命はこれから説明する【紹介プラン】の方です!

[memo title=”MEMO”]【紹介プラン】ご家族・お友達紹介限定割引 
キャッシュバックは無いが、月々の料金が安い。
・端末料金:無料
・[0ヶ月目¥0]+[1,2ヶ月目¥2,699]+[3-24ヶ月目¥3,353

2年間の合計で考えると
[¥2,699×2ヶ月分]+[¥3,353×22ヶ月分]=¥79,164(月あたり¥3,299)となります。[/memo]

2年間の支払総額を月あたりで考えた場合、【紹介プラン】は¥3,299、【通常プラン】は¥3,126になるので、【紹介プラン】の方が月々¥173と少々高くなりますが、キャッシュバックもらえない可能性があるのと、実際に月々支払う料金で考えて、月々の支払負担が少ない【紹介プラン】を選択しました。

そのほかのにかかる費用として、WiMAX契約時に事務手数料¥3,000円(税抜)が別途かかります。携帯の契約と同じイメージで考えてもらえると分かり易いかと思います。

au利用中の方はさらにお得(月々¥934割引)

WiMAXはau回線のサービスであり、既にauの携帯・スマホをお使いの人は「スマートバリューmine」という割引が適用できます。契約後の設定でできます。
WiMAX(ワイマックス)なら【GMOとくとくBB】 | スマートバリューmine 最新機種爆誕! 最強高速モバイルサービスWiMAX 2+

ただ、当サイトではauを含む3大キャリアの利用ではなく、mineoなど格安SIMの利用をオススメしてますがw
とは言え、まだ格安SIMに乗り換えていなくてau利用中の方は申し込んでおくとハッピーです!割引適用にはauとWiMAXの契約が同一名義である必要がありますのでご注意ください。

WiMAXの契約について

お得な契約タイミング

GMOとくとくBBを契約する際、お得になるタイミングというのがあります。GMOとくとくBBは、太っ腹なことに”WiMAX端末が届いた月”を「0ヶ月目」として契約スタートのカウントには入れず、0ヶ月目は月額利用料タダのサービスをしています。月初に端末が届くように注文すると、ほぼひと月分無料で使えます。

契約の継続について

WiMAXの契約は基本的に2年単位になります。
3大キャリアの携帯と同じではありますが、勘違いしているとアレなので説明しておきましょうか。

まず、”更新月”って聞いたことありますでしょうか?
契約してから2年(24ヶ月目)を満了した翌月(25ヶ月目)の30日間が一般的に”更新月”と呼ばれています。この更新月である30日の間に、「継続する」or「解約する」を選ばないといけません。更新月の1ヵ月間を過ぎて26ヶ月目以降になると、みなさんがキライな違約金(解約料)が発生してしまいます。

なぜか?
「24ヶ月満了しているからそれ以降に解約しても違約金は発生しないだろう」と思いがちですが、2年単位の契約というのがポイントで、25ヶ月目に何もしなかったら基本的には「継続する」を選択したものと判断され、次の2年間の契約が始まってしまいます。そのため、2年間の契約が始まったのに解約すると、約束が違うじゃないか!ということで違約金が発生します。ここ気を付けてください。

さて、WiMAXの契約はと言うと、
2年間を超えて継続契約するメリットは正直全くありません。
WiMAXには長期割というものがあるので、[3-24ヶ月目¥3,353]で払っていた料金が高くなることは無いですが、2年間を超えて使う場合は、更新月(25ヶ月目)に解約&新規で契約することで、料金的にはモチロン、新しい端末に替えられるというメリットがあります。

僕はWiMAX歴5年目ですが、2年毎に解約&新規契約をしており、ご参考までに使用端末の遷移はこんな感じです。
Aterm WM3500R(2年間) → NAD11(2年間) → WX03(現在5年目)

 端末について(WX03がオススメ)

WiMAXの端末はいろいろありますが、特にこだわりが無ければ、2016年12月2日に発売された最新機種WX03(NECプラットフォームズ株式会社)がオススメです。僕自身WX03を使っています。

ちょっとややこしいですが、WiMAXは端末によって利用できるサービスが異なります。

  • 「WiMAX 2+」現行のメインサービス。順次エリア拡大中。下り最大440Mbps
  • 「WiMAX」旧サービス。ノーリミットモードを使う場合のみメリットあり。下り最大13.3Mbps
  • 「au 4G LTE」別途料金¥1,005追加でau 4G LTEのエリアで利用可能だが7GBまで

と、難しい話をしていますが、
WiMAX 2+のエリア内で使う前提だし、WiMAXとau 4G LTEは使う機会ないだろうな、ということでWiMAX 2+に対応している最新機種WX03にしました。

以前、今回選択したWX03と同じ会社(NECプラットフォームズ株式会社)のNAD11を使っていたのですが、使用感は非常に向上しています。

  • 通信速度が早い。
  • バッテリーの持ちが断然よい。
    僕の使い方では朝持って出かけて、夜帰ってくるまで切れたことないです。
  • スリープモードになってもスマホから起動できる。
    いちいちWiMAX端末をカバンから取り出してボタンを押さなくてもスマホのアプリから起動することができます。これが地味に便利。

WX03はホワイトゴールドとディープブルーの2色から選べます。
通信速度が速いのは大前提として、端末の液晶ディスプレイでの操作感と、スタミナの向上が嬉しいポイントです。NAD11はスリープモードが優秀ではなく、手動で電源切っておかないと油断したらバッテリー切れちゃってるよ!という状況がよくありましたよね..

いよいよ【紹介プラン】を申し込む!

これまで切々と説明してきた【紹介プラン】ですが、もし興味が湧いて申し込むぞ!という人がいたら、選択項目について申し込み時のポイントをまとめておきますので参考にしてください。

  • サービス:「ギガ放題プラン」を選択します。
  • 端末:お好きなもの。オススメは「Speed Wi-Fi NEXT WX03」です。
  • 色:お好みで。
  • クレードル:僕は購入しました。有線LANでも繋げたい人向けかな。
  • 安心サポート:どちらか入る必要がありますので「安心サポート(月額300円/税抜)」を選択しましょう。2ヶ月間無料で、契約後1ヶ月目以降に解約可能になるので必要なければ解約してしまいましょう。
  • Wi-Fi(公衆無線LAN)接続オプション:「申し込む」しか選択できませんが、2ヵ月間無料です。必要なければ契約後即解約可能です。
  • ご紹介者さまメールアドレス:「junichi.okbx.gmobb.jp」
    ※迷惑メール予防のため★を半角@に置き換えてください。

これらを参考にしてもらえばスムーズに申し込み頂けるかと思います。

[btn href=”http://gmobb.jp/lp/shokai-genwimax/?btn_id=shokai2plus_oni” target=”_blank” class=”raised main-bc strong”]【紹介プラン】ご家族・お友達紹介限定割引を申し込む![/btn]

WiMAX 2+サービスの一部変更について

最近、WiMAX 2+サービスを提供しているUQコミュニケーションズからサービス内容の一部変更のアナウンスがありました。

内容は下記のとおりですが、簡単に要点をまとめると

  • 2017年2月2日から、速度制限されるまでの通信容量は「直近3日間で計3GB」→「直近3日間で計10GB」に緩和されるよ。
  • 速度制限くらった場合は、「3日間の合計が10GBを超えた日」の翌日の18時頃から翌日2時頃まで速度規制されるよ。
  • 速度規制されたときの通信速度はYouTube動画で例えると、「HD画質が視聴できる速度」→「標準画質が視聴できる速度(およそ1Mbps)」って感じだよ。

ということのようです。
3日間で10GBを使う状況はほぼ無い僕としてはメリットの方が大きい変更です。UQコミュさんありがとうございますw

<現行>「UQ Flatツープラス ギガ放題」の速度制限について
http://www.uqwimax.jp/plan/wimax/note/gigahodai_speedlimit/

<変更>速度制限の変更について
http://www.uqwimax.jp/plan/wimax/note/speedlimit/

■見直しの内容■

【速度制限がかかるご利用データ量】
[現行]  3日間で3GB以上ご利用の場合、速度制限を行います
[変更後] 3日間で10GB以上ご利用の場合、速度制限を行います
【制限後の最大通信速度】
[現行]  YouTube動画の標準画質レベルがご覧いただける速度(※1)
[変更後] 概ね1Mbps(※2)
※1 2015年7月15日より、暫定運用として、規制後の速度をYouTube動画の
HD画質レベルがご覧いただける速度以上に緩和しておりました。
※2 送受信の最大速度であり、実際の速度は電波環境等に応じて1Mbps以下と
なることがあります。
【制限時間】
[現行]  3日間のデータ通信量が3GBを超えた日の翌日昼頃から翌々日昼頃まで
[変更後] 3日間のデータ通信量が10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑
時間帯(2017年2月時点:18時頃から翌日2時頃まで(※3))
※3 2時前より継続して利用している通信については、2時以降も最大で6時頃まで
速度制限が継続することがあります。この場合、一旦、セッションを切断して
接続しなおすと速度制限が解除されます。

引用元:http://gmobb.jp/news/details/281/

まとめのヒトコト

今回、ネット環境のひとつとしてモバイルルーターとの付き合い方を考えることで、料金面・データ容量面・速度面を考え直すための記事を書きましたが、自分自身書いてて説明が非常に難しかったです。

冒頭にも言った通り、無数のサービス・料金プランが存在していて、簡単には理解が難しい状況になってしまっているために、もっとこうしたらいいのにと思う契約をしてしまっていることが非常に多いです。誰しも満足度の高いものを選びたいものなので「知らなくて損した!」を無くすためにこの記事が少しでもお役に立てれば嬉しいです。

もし、記事の内容を読んで不明な点があれば、TwitterのDMやリプでもいいですし何かしらご連絡いただければリアクションできます。お気軽にどうぞ!

最後まで読んでいただきありがとうございます!

この記事が参考になりましたらコメントやFacebookページへの[いいね]を頂けると大変励みになります( ・ㅂ・)و ̑̑

ABOUT ME
ジュンイチ
ジュンイチ
Amazonは大好きだけど、楽天市場に寄せてみて楽天ポイントの活用の実験中☻ みなさんのも教えて欲しい\買ってよかった/➡【現在34品】を厳選セレクト中!(2018.5.30更新)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)