PC作業関連のメモ

Excelで数値をカンマ区切りにする4つの方法

Excelカンマ区切りにする方法

見積資料を作るときなどExcelで金額を扱うことが多いので、数字をカンマ区切りする方法を4パターンメモっておきます。

4つめのTEXT関数を使う方法が意外と使えるシーンあるかも。

①メニューのボタンでカンマ区切り

メニューにあるカンマのマークをクリックすることでカンマ区切りになります。

この方法では書式は「通貨」になります。

②ショートカットでカンマ区切り

対象のセルを選択した状態でCtrl+Shift+1でカンマ区切りにすることができます。

この方法も書式が「通貨」になります。

パッとできるとかっちょいいショートカット。

③セルの書式変更でカンマ区切り

対象のセルを選択した状態で右クリック→セルの書式設定をクリックし、出てきたダイアログの表示形式タブの分類で「通貨」を選ぶことでカンマ区切りにできます。

そのほか、「通貨」ではなく「数値」を選んで「桁区切り(,)を使用する」にチェックを入れることでもカンマ区切りになります。

この方法での書式はもちろん自分で選んだものになります。

④TEXT関数でカンマ区切り

TEXT関数でもカンマ区切りで見せることができます。

この場合は書式の表示形式は変わりません。もともと「標準」であれば「標準」のままです。

また、この方法だと1つのセルの中に文字とカンマ区切りの数値を混在させることも可能です。

何言ってるか分からない?

このように記述すれば↓のようになります。「&」は文字列を結合するものですね。

カンマと単位(円)いっぺんにつけたかったこと一度はありますよね?(普通はないのかな)

これでできます。

おわりに

特段どの方法がイイってこともないシーンが多いと思いますが、応用ができそうなのは4つめのTEXT関数かな。

よく金額を扱う人には役に立つかもしれない小ネタでした。

ではまた!

\最後までありがとうございます/

「いいね!」をして頂くとfacebookで更新情報がチェックできます!そして何より非常に励みになります( ・ㅂ・)و ̑̑ アリヤス!!

こちらの記事もどうぞ