格安SIMでもLINE@で年齢確認して1対1トーク(個別返信)できる設定方法!mineoや楽天モバイルに対応

MEMO
2017.11.10 記事内容を追加してリライト。読みやすくなった(ハズ)

mineoや楽天モバイルなどの格安SIMではLINE@(ラインアット)の年齢確認が出来ません。LINE@での年齢確認は、3大キャリアのマイページ経由で実行する仕様になっており、格安SIMではそのキャリアのマイページを使えないためです。

この記事では、mineoや楽天モバイルなどの格安SIMを刺しているスマホユーザーでも年齢認証をかいくぐってLINE@アカウントの年齢確認OKにするための方法を紹介します。

但し、格安SIMの中でもLINEモバイルだけは公式で年齢確認が可能です。この点はLINEモバイルを選択する強みなのですが、 LINEモバイル以外の格安SIMであってもこの記事の方法でLINE@での年齢確認ができちゃいます☻

ジュンイチ

結論から言うとこうすれば年齢確認OK!

説明が回りくどくなりそうなので結論から書いてしまいますが、

格安SIMの管理者アカウント単独では出来ないため3大キャリア(ドコモ / au / ソフトバンク)のスマホを利用している知人の協力を借ります。LINE@のアカウントにその知人を管理者権限で追加登録し、年齢確認をしてもらえばそのLINE@アカウントは年齢確認OKになります。

年齢認証がOKになったら管理者として登録した知人のアカウントは削除しても問題ありません。これだけ!

さて、やり方を言ってしまいこの記事は存在意義を失いかけていますが笑、以下は年齢確認の手順を画像で詳細した流れとか、僕のLINE@の活用実績はこんな感じ、といった内容になっていますので▼読み進めてみてください☻

LINEとLINE@(ラインアット)の違いとは?

まずは@の付かない「LINE」について説明をします。これは個人間で行われる1対1のコミュニケーションツールですね。

チャット形式でのメッセージのやりとり&通話をすることができます。これはこの記事を読んでいる人は普段から使っていると思うのできっとOKでしょう。

一方「LINE@」ですが、個人や企業が不特定多数に一斉配信を目的として使うツールです。

LINEでメルマガを送るイメージをすると理解しやすいと思います。そして、設定をすれば個人とのメッセージのやりとりも可能です。基本的には、LINE@アカウントから友だち登録してくれた方へ向けての配信ツールといえます。

LINE@で年齢確認をOKにする目的

さて、LINE@で年齢確認をOKにする大きな目的としては、年齢確認がOKになればLINE@に登録してくれた人と(LINEと同じように)1対1でのやりとりができるようになるという点です。

※前項の「設定をすれば個人とのメッセージのやりとりも可能です。」という部分です。

1対1トーク(個別返信)モードは出来れば有効にしたい

LINE@では、個人とのメッセージのやりとりをする機能を「1:1トークモード」と言いますが、年齢確認をして1:1トークモードを有効にする事で個人とのメッセージのやりとりが出来るようになります。1:1トークモードが無効の状態では個人とのやりとりは出来ず、一方的に情報配信するだけしかできない状態となります。

回りくどい書き方になってしまいましたが、要するにLINE@で年齢確認ができないと1対1トークモードが使えないということになります。

僕の利用用途を例に活用法を補足

当ブログとは別サイトですが、僕は鳥取市で個人参加フットサル(個サル)の開催をするラビサルトットリというコミュニティを運営していて、その開催情報やお知らせの配信にLINE@を活用しています。

▼こちらの記事にLINE@の活用に関して、活用から4ヵ月間でLINE友だち100人突破するまでに行ってきた実績についてをまとめています。
※当記事の方法に気づくまでは友だち登録してくれた人に向けて主催側から一方的に開催情報を送りつけるコトしか出来ませんでした。ほんとにメルマガのような利用だけでした。

1対1トークモードが有効になっている状態だと、LINEに配信されたトークに対して、通常のLINEでの個別でのやりとりのようにメッセージを返すことができます。

▼例えばこのような感じです。

ラビサルの主催者

(全体への配信)
下記の日程で個サル開催します!
※実際の開催予定です。

■6月開催予定■
6/24(土)10:00~12:00

■7月開催予定■
7/ 2(日) 20:00~22:00
7/ 8(土) 18:00~20:00
7/15(土) 20:00~22:00
7/22(土) 18:00~20:00
7/30(日) 20:00~22:00

▼エントリーはこちらから☻
https://rabisal.com/

という、全体への配信に対して

(主催者のみへの返信)
6/24(土)の開催分に参加します!

ある参加者

とか、

(主催者のみへの返信)
初参加なのですが、どのような服装で参加すればよいでしょうか?

ある参加者

といった、参加者(配信される側)から主催者(配信する側)のみへの返信が可能になります。

※普通のLINEグループでは返信も全体向けになってしまいますが、LINE@は個別返信になります。ちなみに、友だち登録してくれている側から返信してもらうまでは運営アカウントからは特定の人と個別のトークをスタートさせることはできません。むしろ誰が登録しているかすらも把握できません。

僕は長年使っていたauからmineo(マイネオ)へ乗り換え、毎月のスマホ代が格段に安くなったぜハッピー!\(^o^)/と思っていましたが、その後、上記の用途でLINE@(ラインアット)を使う必要が発生し、格安SIMではLINE@の年齢確認ができずに困っていました。

さて、長くなりましたが、前置きはこのあたりにしていよいよその手順を説明します。

格安SIMのスマホユーザーでもLINE@の年齢確認をOKにする方法の詳細

紹介する方法では、3大キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)のスマホを使っている人の協力が必要になりますので、家族や身近な友人、少々時間を使って手伝ってくれる人にお願いしましょう。

協力してくれる人が決まったら、まずはその人をLINE@アカウントの管理者としてユーザー追加します。

LINE@アカウントの管理者として追加する。(PC)

LINE@ Managerにログインし、登録してあるアカウントを選択します。(このあたりのアカウントの作成は通常のLINE@の利用方法なのでLINE@が提供しているマニュアルを参照ください。)

メニューの「アカウント設定」の「ログインユーザー管理」でログインユーザーを追加することができます。このとき、権限選択で「管理者」を選択して[認証用URL発行]をクリックします。表示されたURLを協力者に教えて、管理者としてユーザー登録してもらってください。

協力者に操作してもらう流れ(3大キャリアのスマホ)

前述の管理者としてユーザー追加ができたら、協力者のスマホで次の操作をします。
※事前にLINE@アプリのインストールが必要です。

  1. スマホでLINE@アプリを開きます。
  2. 管理メニューの「応答モード」をタップしすると、「1:1トークモード」のトグルボタン(ON/OFF)が表示されます。

    「応答モード」をタップします。

    「1:1トークモード」のトグルボタンをONにしようとします。

  3. 1:1トークモードをONにしようとタップすると、年齢認証のダイアログが表示されます。

    「年齢認証をする」をタップします。

  4. 「年齢認証をする」をタップすると、キャリア(ドコモ/au/ソフトバンク)のマイページへ飛ばされるので認証します。(ここではMySoftbank)

    協力者がソフトバンクユーザーだったためMySoftBankでの認証です。

    内容を確認し、「同意する」をタップします。

以上の操作で1:1トークモードがONになります。

処理が完了しました。

1:1トークモードが有効になっていますね。

これでLINE@でもLINEのように個人間でのトークができるようになりました!GJ!

まとめのヒトコト

格安SIMのスマホユーザーがLINE@の年齢確認をくぐり抜けるためには、LINE@アカウントのログインユーザーに管理者権限を持った人を追加して、その人に確認を代行してもらうという流れでした。

※のちのち必要でなければ1対1トークモードを有効にするために追加したログインユーザー(協力者)は削除してもOKです。 

今回、僕自身がこの方法で年齢確認OKにしようとしたとき、周囲に格安SIM乗り換えをオススメしてる甲斐もあり(?)、身近に協力してくれる3大キャリアのスマホ使っている人がスグに見つかりませんでした。笑

しかし、離れて暮らしている弟がSoftBankからmineoに乗り換える直前だったためタイミング良く協力してもらえ助かりました!そんな弟も今月中にはmineoに乗り換えるそうです。
(※物理的に離れていても上記の操作は可能です。)

格安SIMを使う上でのウィークポイントであったLINE@の年齢確認も抜け道があることが分かりました。この点で格安SIMへの乗り換えをためらっている人には朗報かと思います。

▼当ブログでは引き続きmineoを推していきます:D

格安SIMに乗り換え損ねたあなたを救済!mineo(マイネオ)のススメこれが全て
mineo(マイネオ)のメリット語り倒し!格安SIMの中でコスパ抜群

5 Comments

嶋田一子

わあ、先に知っていれば、変えずに済んだかも?
と思いましたが。
LINEモバイルが今の格安SIMよりもさらに安かったので変えてしまいました。
よい情報をありがとうございました。

返信する
"J" : ジュンイチ

嶋田一子さん>
コメントありがとうございます!

リンク頂いた美容整体の仕事でLINE@活用されておられるのだと思います。
LINEモバイルであればすんなりトークモード有効にできますもんね。乗り換えたことで費用も安くなったようで結果的には◎ですね^^

返信する
ちっぴぃ

ライン@を今日登録しましたが、年齢認証で引っかかりいろいろ検索していたところ、こちらにたどり着きました。
1:1トークが出来なくて困っています。
母がキャリア携帯なので、今度会ったときにこの記事通りにやってみようと思いますが、代わりに母携帯が管理者になり操作を行い、年齢認証の壁はこえますが、そのあと、私に管理者を戻すことはできるのでしょうか?
母はほぼ家族間でしかラインをしないため、ライン@機能について、年齢認証操作後アンインストールする予定ですが、主様はその後管理者に戻ったのでしょうか?
機械音痴なので、詳しく教えていただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。
まさか格安SIMにそんな落とし穴があったとは思いませんでした・・・。

返信する
クボジュン クボジュン

ちっぴぃさん>
コメントありがとうございます!
まず、できるできないについては、可能です。
正確に言うと、管理者というのは権限なので、ちっぴぃさん&母のどちらも管理者(の権限を持っている)状態として、認証後に母の登録情報が必要なければ削除することも可能です。
仮にその手順を踏んでも、認証された状態のままになります。

そうですね、今回は抜け道があって良かったですが格安SIMでもこの点対応できるようにしてほしいですよね。
スムーズに認証できることをお祈りしています◎

返信する
かてきょ

はじめまして。LINE@をためしにやったみようと、アプリを入れてところまではよかったのですが、1:1トークモードが使えず、困っていたところ貴殿のサイトにたどり着いた次第です。ブログに記事を書かさせていただきました。私のサイトの性格上LINEをやってる人はほとんどいないので、今のところ友達ゼロですけど。貴殿のサイトは他にも私の興味をそそる記事満載ですのでちょくちょく拝見させていただきます。ありがとうこざいました。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です