ウェブサイト制作

【2018年7月】Webブラウザのシェアランキング(日本国内・世界)

2018年7月のWebブラウザのシェアランキングです。

日本国内/世界それぞれで見たときの、デスクトップ、モバイル(スマホ・ガラケー)、タブレット端末から利用されているブラウザのシェアデータを紹介しています。

日本国内のWebブラウザのシェア


Source: StatCounter Global Stats – Browser Market Share

1位:chrome 41.93%
2位:Safari 32.32%
3位:IE 11.14%
4位:Firefox 6.43%
5位:Edge 4.27%

世界のWebブラウザのシェア


Source: StatCounter Global Stats – Browser Market Share

1位:chrome 59.75%
2位:Safari 13.86%
3位:UC Browser 7.04%
4位:Firefox 5.03%
5位:Opera 3.36%

おわりに

クライアントとの会話の中で度々でてくるのでメモです。

日本は世界的に見ると、iPhone普及率が高い国であるためSafariの割合が多く、WindowsにプリインストールされているIEおよびEdgeをそのまま使っているユーザーの割合が多いのが特徴ですね。

\最後までありがとう/

つい先日、下記のようなウェブサイト制作に使えて上限100万円までもらえる持続化補助金の申請サポートをしたのでその話を記事にしました。

  • ✅ ホームページ制作や更新作業
  • ✅ 通販サイトの集客・売上UPのための対策
  • ✅ 制作したサイトの宣伝(Google/SNS)

締切り2020年10月2日までなのでまだ間に合います。ご検討中の事業者さんはチェック↓