一度に大量の硬貨を紙幣に替える方法

数年前に硬貨を無造作に入れ始めた貯金箱がいよいよ重くなってきたので、まとめて紙幣に替えてみました。

元々は「財布の小銭入れの内装が汚れるの嫌だなあ」と思い、財布から小銭を抜くために始めた硬貨貯金でした。

硬貨から紙幣への両替は銀行の窓口で

結論から言うと、口座を持っている銀行の窓口で硬貨を口座に預け入れるのが手数料がかからずベストな方法と言えます。

※「両替」という意味では、銀行口座に預け入れたお金を引き出す必要があります。

硬貨を紙幣に替えるために銀行でできる手段

銀行でできる手段は下記の通りです。

  1. 銀行の窓口で硬貨を口座に預け入れる。
  2. 銀行のATMで硬貨を口座に預け入れる。
  3. 銀行の窓口で両替(硬貨⇒紙幣)をする。

①…これを選択すべき。通帳が必要です。

②…一度に投入できる硬貨の枚数に制限があります。僕が利用している山陰合同銀行では一度に硬貨100枚まででした。キャッシュカードが必要です。

③…単純に銀行で両替をお願いすると手数料を取られてしまいます。

②の「銀行のATMで硬貨を口座に預け入れる」について

この方法も試してみましたが、投入口に硬貨を入れづらいのと、ATMが硬貨を処理するのに時間がかかるため大量にある場合はあまりオススメではありません。

※利用する銀行のATMによる部分もあるかもしれませんが。

▼この画像左上の投入口に入れるんですが、非常に入れづらい

S_7016263347284

▼硬貨は100枚まで。且つ60秒で強制的に投入口が締まります。

S_7016263240186

さらに、投入時に100枚を数えてくれるワケではないので、投入してみて、100枚を超える硬貨は返却されます( ´_ゝ`)はは(頑張って入れたのに)

まとめのヒトコト

硬貨を投入する用に「ろうと」のようなアイテム無いのかな。ATMに備え付けておいて欲しいな。

僕のように硬貨を別にしてる人って多い気がします。特に1円5円10円50円玉あたり。

ですが、小銭の状態では使うに使えないのでいつか両替する必要に迫られると思います。

そんなときこの記事が役に立ちますように☻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です