PC作業関連のメモ

自動処理はUWSCよりHiMacroEx!繰り返しの処理はパソコンにやらせる[Windows]

仕事で夜な夜なデータ処理作業をしています。

一部抜粋すると、このような操作です。

  • PDFファイルを開く。
  • PDFの一部分のスクリーンショットを撮る。
  • ブラウザ上に画像ファイルをドラッグ&ドロップしてアップロードする。

やること自体は単純作業なので、なんとか自動化する方法がないかと探っていたところ、『HiMacroEx』というフリーソフトが非常に役に立ったので、その設定や使うときのコツのメモです。

同じ操作を繰り返し行っているあなたへ

HiMacroExはマウスで動かす操作を記録

Windowsで自動処理化を実現してくれるソフトを探していて見つけた『HiMacroEx』、名前に「マクロ」という単語が入っていますが、有名なエクセルのマクロとは別物です。
※マクロとは自動処理の意味です。

僕が自動処理でやりたいのは冒頭に挙げた操作なので、エクセルのマクロでできるような処理ではなく、GUI上で実行できるものを探しました。

要するに、マウスの動きを記憶しておき、それを実行してくれるものです。回数を指定して連続して繰り返し実行することも可能です。

自動処理をしたいときに昔からある有名なツールとして『UWSC』というフリーソフトがあり、これも実際に使ってみましたが、僕としては『HiMacroEx』の方が使い勝手が良いと感じました。

HiMacroExでできること

HiMacroEx本体はここでダウンロードできます。

LINK HiMacroExの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

ざっくりとHiMacroExではこんな事ができます。※作者様サイトより抜粋

■ボタンをクリックで簡単に記録、再生が可能

■記録された操作がすぐに確認できて、すぐに編集可能
 記録開始するとメイン画面に操作内容が記録されていきます。
 記録終了後は操作内容を編集することができます。

■複数の操作記録モードで自由なマクロを作成可能
 マウス操作の記録、操作時間の記録、アクティブウィンドウの記録など
 記録したい操作を選んで自由なマクロを作ることができます

■記録した操作をマクロファイルにして保存、読み込み可能
 保存したファイルはマクロリストで管理して簡単に呼び出すことが可能です

■ホットキーを設定して簡単に記録、再生、再生中断、一時停止が可能
  初期設定では再生がPauseキーですが自由に変更できます。

■キー、マウスの連打機能
  ほっておいてもキーやマウスを連打してくれます

■レジストリ未使用
  設定はiniファイルに保存するので、他のPCに設定を簡単に移せます

引用元:PC自動化ソフト HiMacroEx 解説

実際にはこんなシンプルな画面です。

「記録」してマウスを操作!
終わったら「終了」!※記録ボタンが終了になります。
実行するなら「再生」!
記録したいものを間違えたら「クリア」!
また使うなら「保存」!
保存したものを呼び出すなら「読込」!
繰り返し実行させたいならループのところに数字を入力!

細かい操作方法は作者様サイトを見てもらえたらと思います。

操作の内容がウインドウの右側にズラズラーっと記載されていきますが、それを手入力で修正できるのがこのソフトのいいところです。

HiMacroExの起動時エラーはランタイムが無いため

ダウンロードしたHiMacroExをそのまま起動すると、おそらくエラーが発生して起動できない状況になると思います。

起動するにはランタイムが必要ですので下記のページを参考にインスト―ルしておきましょう。

参考 ソフトに関するよくある質問(作者様サイト)

HiMacroExを使うときのコツ

僕が実際に使ってみて気づいたポイントをメモっておきます。

基本の設定はこのように変更しておく

「マウス移動記録」をONにしておかないと、ファイルをドラッグ&ドロップする動きが正常に動かない場合があります。(これに気付くまで絶望した)

時間記録もON
実際に操作を記録させるときは、万が一パソコンの処理が重くなっていたりネットワークが重くなっていても追い付けるように、次の操作まで余裕を持った待ち時間で記録させるのが◎

アクティブになっている部分を意識する

操作の途中で都度エクスプローラー(フォルダ)内の何もない場所をクリックして、選択を解除するようにしています。

例えば、前の処理で意図せずファイルが選択されており、そのファイルを選択するために1クリックすると.. リネームしようとしてしまいます。このようなことが起こらないためにアクティブになっているものを意識。

あらかじめ停止の方法を確認しておく(重要)

例えば画面上の表示が思ったように切り替わってなくて想定外の動作をしてしまった.. ということが往々にして起きるので停止の方法はあらかじめ確認しておくことをおすすめします。

設定>オプション画面表示
ホットキー(ショートカット)の設定ができるので必ず確認しておきましょう。

↓僕はこんな設定にしています。

必要最小限。停止の方法は「Alt+S」にしています。デフォルトでは[Pause]ボタンが再生/中断なので、あらかじめキーの位置を確認しておけばOKですが、[Pause]ボタンが無いタイプのキーボードなので「Alt+S」にしています。

通知ダイアログが出ないようにして

PC画面右下など、通知ダイアログが出る場所で操作をさせるときは通知を切っておくのが無難です。

連続で処理させるにはさらにコツが必要

HiMacroExは、記憶させた操作を全く同じ場所を同じように動作します。そのため、複数のデータに対して同じ処理を継続的にするためには、あらかじめ「処理済用のフォルダ」を用意しておいて、処理が終わったものをそのフォルダに移動させ、次のデータが前データと同じ位置に来るようにしてやることで可能になります。

おわりに

(何を言っているか分からない部分もあったかもしれませんが、)HiMacroExを使ううえで何らかヒントになれば幸いです。

僕はこのソフトのおかげで日々のデータ処理作業が劇的にラクになりました。作者様に感謝です。繰り返し処理はパソコンにやらせるのが良き。

ではまた!

\最後までありがとうございます/

「いいね!」をして頂くとfacebookで更新情報がチェックできます!そして何より非常に励みになります( ・ㅂ・)و ̑̑ アリヤス!!

こちらの記事もどうぞ