外付けHDD

アロケーションユニットサイズを簡単に図解!exFATでのおすすめサイズ

当記事にはのちほど説明画像を追加予定です。

当記事では、HDDをフォーマットする際に選択することになる『アロケーションユニットサイズ』について説明します。(※クラスタサイズとも呼ばれます)

アロケーションユニットサイズって、おそらくこれまで耳にしたこともない単語だと思います。構造的な話になるとどうしても難しくなってしまうため、専門的な知識がなくても理解が進むように図解してみようと思います。

たわしくん
たわしくん
専門的な知識の無い(趣味レベルの)筆者でも解釈できたイメージを説明してるよ!

もし仕組みの難しい部分が知りたい人は別のサイトに行った方がいいよ。笑

※当記事は↓の記事からと検索から来られている人が半々くらいです。こちらもご参考に

あわせて読みたい
外付けHDDのフォーマットはexFAT一択!Windows&Mac両対応(NTFS/FAT32/16と比較) 本記事は2018年10月29日に内容更新しています。 どもども、SE / WEB制作を生業にしてますジュンイチ(@t3rjp)...

アロケーションユニットサイズを選択するシーンとは

「アロケーションユニットサイズ」という言葉は、HDDをフォーマットする流れでファイルシステム(NTFS、exFATなど)を選ぶときに出てきます。

↓ これはWindows10で1TBの外付けHDDをフォーマットする際に出てきたもの

2018-03-27_59

こんな感じで突然出てくるので、おそらくこの記事を読んで頂いている方の多くはHDDのフォーマットをしようと進めていて

(´-`).。oO(え?アロケーションユニットサイズ?

となったのではないかと思います。僕も初見でそうなりました。

アロケーションユニットサイズとは?

まず最初に、アロケーションユニットサイズとは何か?を簡潔に言ってしまうと、ハードディスクを管理する上での最小の容量のことです。

  • アロケーション…割り当て
  • ユニット…単位
  • サイズ…大きさ

ということで言葉自体の意味としては『アロケーションユニットサイズ=割り当て単位の大きさ』となります。

ハードディスクの中身が同じ大きさの部屋に分かれていて、その部屋にデータが分割されて収納されていくようなイメージをすると分かりやすいかなと思います。そしてこの「同じ大きさの部屋」の広さがアロケーションユニットサイズを表しています。

ルービックキューブでイメージを説明してみる

言葉では分かりにくいと思うので、突然ですがルービックキューブでイメージを伝えます。

まず、↓このような1つの立方体があるとします。

この立方体をあなたが持っているHDDの容量を表したものだと思ってください。(500GBとか1TBとか3TBとか)

アロケーションユニットサイズを選ぶというのは、あなたが持っているHDDを「どんな大きさに分割するか?」という選択に迫られているということです。

 

\どの大きさに分割しよう?/

画像の引用:アマゾン

 

↑このように、1つの立方体(HDD)を同じ大きさの単位に分割するイメージです。(ここでは2×2、3×3、4×4、5×5の4パターン)

これによってできた1つ1つの小さな立方体(最少単位)がアロケーションユニットになります。↓この1つがアロケーションユニットということです。

ここまでのイメージ大丈夫ですか?伝わってますね?笑

ちなみにこの場合だと、分割数が少ない方(3×3よりも2×2の方)が1つ1つのアロケーションユニットサイズは大きくなることになりますね。

上で出てきた画像のようにexFATでフォーマットする際のアロケーションユニットサイズは「64キロバイト~(2倍毎)~32768キロバイト」までの値から選択することができます。

このとき一番上の[標準のアロケーションサイズ]にすると自動的に256キロバイトが選ばれます。exFATでフォーマットする際の標準のアロケーションユニットサイズ=256キロバイトということが分かります。

さて、イメージを続けます。

よく見かける3×3のルービックキューブを、標準のアロケーションサイズ(=256キロバイト)で分割したものだとしましょう。

↑ つまり、分割されて出来たこの1つの立方体(「部屋」と表現します)が256キロバイトの容量を持っています。

そして、さらに踏み込んで、この1つの部屋の中身を見てみます。

Excelで作りました。256キロバイトを説明するために、1マス1キロバイトのイメージで256マス並んでいます。

ではここで、一例として1メガ(1000キロバイト)のデータを保存する場合を考えてみると、

1000キロバイト ÷ 256キロバイト = 3 余り232 なので

256キロバイトの部屋3つにフルにデータが入って、もう1つの256キロバイトの部屋に232キロバイトだけデータが入っているイメージになります。

このとき4つ目の部屋の、残り24キロバイトのスペースはクラスタギャップと呼ばれる無駄な(活用されない)領域になります。

アロケーションユニットサイズによって何が変わるのか?

アロケーションユニットサイズのイメージを持って頂けたでしょうか?ではアロケーションユニットサイズが違うと何が変わるのでしょう?

アロケーションユニットサイズとは分割されてできた部屋の大きさでしたね。

アロケーションユニットサイズを小さくすると

アロケーションユニットサイズを小さくした場合、収納するデータが細かく分割されることになります。

1つ1つの部屋が小さいことでクラスタギャップが小さくなる(余りが少なくなる)ため、ハードディスク容量を効率的に利用することができます

しかし、データがたくさんの部屋に分かれて収納されるので、データを呼び出すときに多くの部屋にアクセスする必要があり、結果としてアクセススピードが遅くなります

アロケーションユニットサイズを大きくすると

アロケーションユニットサイズを大きくした場合は逆になります。

1つ1つの部屋が大きいことでクラスタギャップ(使われない余りの領域)が多くなりやすく、アロケーションユニットサイズが小さい場合に比べてハードディスク容量の利用が非効率になります

しかし、データを収納する部屋が少なくてすむためアクセススピードは速くなります

最適なアロケーションユニットサイズはいくらか?

アロケーションユニットサイズの大小によって前述の違いが発生します。 

では、アロケーションサイズを何キロバイトにするのがベストなんだ?という疑問があると思います。実際にググってみると有識者の方々のたくさんの考察がでてきます。みなさんいろんな意見はありますが本当に千差万別です。

個人的な意見としては、『僕のような一般的なPC(ハードディスク)の使い方の範囲であれば作った人が標準と言ってるのだから「標準のアロケーションサイズ」を選択しておこう』という考えに至りました。

アロケーションユニットサイズの違いによって「データ容量を効率的に使える」「アクセススピードが速くなる」といっても、近年の環境においては何TBのハードディスクの世界の256キロバイトだし、アクセス速度の変化に関しても体感上では取るに足らないものだと感じています。

きっと、よっぽど特殊な使い方をする人でない限り悩むだけ無駄な選択項目ではないかと考えています。(あくまでも個人的な見解ですよ)

おわりに

アロケーションユニットサイズについてイメージつきましたでしょうか?

少しでも理解の助けになれていれば幸いです。

結局のところデフォルトになっている標準のアロケーションサイズ(=256キロバイト)を選びましたが、この標準は今後変わっていくかもしれませんね。

あわせて読みたい
外付けHDDのフォーマットはexFAT一択!Windows&Mac両対応(NTFS/FAT32/16と比較) 本記事は2018年10月29日に内容更新しています。 どもども、SE / WEB制作を生業にしてますジュンイチ(@t3rjp)...
あわせて読みたい
【安定稼働至上主義】おすすめできる外付けHDDを紹介大学の専攻は情報系、MacよりWindows派、大学時代後半に自作PCに手を出し、就職してSEになって最初の2年間の給料はほぼPC・ガジ...

\最後までありがとうございます/

facebookページに「いいね!」して頂くとタイムラインで更新をチェックできるようになります!&大変励みになります( ・ㅂ・)و ̑̑ 

ABOUT ME
ジュンイチ
ジュンイチ
82年生まれSE歴15年。通販サイト作ってます。フットサル好きをこじらせて地元に個サルを作っちゃったり自由に生かせてもらってます。甲斐性は無し。レモンサワーといちご大福とB'zを愛してます。➡買ってよかった【現在33品】を厳選セレクト中!(2018.11.18更新)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)