ドコモ・au・ソフトバンクからmineo(マイネオ)への乗り換え手順【ナンバーポータビリティ対応】

この記事ではドコモ・au・ソフトバンクのキャリア大手3社から電話番号そのままでmineoへ乗り換えるための手順を説明します。

乗り換え手順は大きく【端末の準備】と【契約手続き】の2つ

番号そのままでmineoへ乗り換えるための大きな流れとして、上図のように端末の準備】ABCどれか契約手続き】3つの手順の2つのパートがあります。

端末の準備をしよう!( ABCからどれか1つ)

▼まずは図の左側にある端末の準備】ABCどれかについて

 

端末の準備としてABCの3パターンがありますが、このうちどれか1つだけ選びます。
(※ドコモとauの場合シンプルですが、ソフトバンクの場合は少々条件があります。)

それでは、Aから順番にひとつずつ見ていきましょう!

ジュンイチ

A.いまのスマホそのま(ドコモ・au向け)

ドコモauのスマホを使っている人はこのAパターンになります。

このパターンでは、いま使っているスマホをそのまま使うことができるため、ここですることは特にありません。「契約手続き」のパートに進んでください。

MEMO
ドコモ・auのスマホには自キャリアの回線しか使えないSIMロックという制約がかかっていますが、ドコモのスマホにはドコモプランのSIMを、auのスマホにはauプランのSIMを挿すことでSIMロックを解除しなくてもそのまま使うことができます。

ドコモ回線とau回線の両方を扱っている(マルチキャリア対応)のは、mineoの魅力の1つです。

B.いまのスマホSIMフリー化(ソフトバンク向け)

ソフトバンクの人はドコモ・auとは少々勝手が違います。

mineoにはソフトバンク回線のプランが無いため、ソフトバンクで契約したスマホを使っている人がmineoに乗り換えるためには、スマホのSIMロックの解除(SIMフリー化と言います。)をしたうえでドコモプランもしくはauプランのSIMを挿す必要があります。

現在使っているスマホが下記2つの条件に当てはまればSIMロックの解除が可能です。

SIMフリー化するための条件2つ

  1. 日本でSIMフリーが解禁された2015年5月以降に発売された端末であること。(iPhoneであれば6s以降の機種)
  2. 端末を購入してから半年(180日) 100日が経過していること。
    ※2017年8月から180日→100日に短縮されています。

SIMロックの解除はリアル店舗(ソフトバンクショップ)で店員さんに言えば対応してもらえますが、店舗の場合は事務手数料3,000円がかかってしまううえに転出する気まずさもあるので、無料でネット上でできるMySoftBankをオススメします。

上記の条件①②を確認して、条件①に当てはまらない場合は、残念ですがお使いの端末ではmineoに乗り換えることができません。後述のCパターン「べつで新しく買う」を検討ください。

条件①はクリアしてるけど条件②に当てはまらない場合は、契約から180日 100日が過ぎるのを待って乗り換え手順を進めましょう!

ちなみに、『いま使ってるドコモ(au)回線は家や会社での電波の入りが悪いから、違うau(ドコモ)回線を使いたい』という人もいるかと思います。その場合もこのBパターンになります。上記の2つの条件を満たしていれば各キャリアのサポートサイトもしくは電話手続きでSIMフリーにできますので下記リンクを参照くださいね。

MEMO
ソフトバンク回線の格安SIMって...
今使ってる端末がダメならmineoなんかやめてほかの格安SIM業者にしようかな、というアイディアも当然浮かんでくると思います。が、そもそも今の日本にはソフトバンク回線の格安SIMを扱っている業者がわずかしかなく、魅力的なサービスがないのが現状です。

C.べつで新しく買う

現在使っているキャリアがドコモでもauでもソフトバンクだろうと関係無く、mineoに乗り換えるのを機に、新しいスマホを買うパターンです。

最新機種のiPhoneXや8を格安SIMで使う場合はこのCパターンになります。

MEMO
僕自身、mineoに乗り換えたときはこのCパターンで、アップルの公式オンラインストアでiPhone7を注文して1週間弱で届きました。

公式オンラインストアで購入できるiPhoneは全てSIMフリーで、このCパターンで使える物です。オンラインストアだけでなくリアル店舗のアップルストアでも同様にSIMフリーのiPhoneを購入することができます。

端末の一括購入は高価なため思い切りが必要ですが、iPhoneをアップルストアで購入する場合は金利ゼロで最大24回の分割払いもできますのでご参考に

契約手続きをしよう!(3つの手順だけ)

さて、端末の準備ができたら、続いて「契約の手続き」3つの手順に入っていきます。

契約のための手順3つ

  1. ナンバーポータビリティ
  2. SIMを注文
  3. SIMを挿して切替設定

では、それぞれの手順を詳しく見ていきます☻

手順1.ナンバーポータビリティ

電話番号はそのままで契約するキャリアを変えることをナンバーポータビリティと言います。

現在契約中のキャリアにナンバーポータビリティの申し込みをすると予約番号を教えてもらえますので、その予約番号を控えておきましょう。

▼ナンバーポータビリティの申し込み先はキャリアによって異なります。

ドコモの場合:携帯から局番なしの151 or My docomo
auの場合:携帯から0077-75470
ソフトバンクの場合:携帯から局番なしの*5533

※店舗でもやってくれますが、事務手数料がかかるので電話かネット推奨
※電話受付対応してくれる時間帯は3社とも9:00~20:00です。

ナンバーポータビリティは申し込んだ時点から次のキャリアへ切り替えをするための有効期間(申し込んだ日を含め15日間)があります。

『手順3.SIMを挿して切替設定』を月末ギリギリにするのが最もお得になるため、↑のナンバーポータビリティの申し込みを月の中頃(毎月16日ごろを目安)にするのがオススメです。

ジュンイチ

MEMO
ナンバーポータビリティ時の注意点
のちほど手順2でSIMを注文するときに個人情報を入力することになりますが、その際ナンバーポータビリティを申し込んだときの名義と同一でないと注文したSIMが郵送されてきません。

引っ越して住所が変わった場合や、結婚して姓が変わった場合など、キャリア側の登録情報を変更し忘れてた!というコトがありますので、ナンバーポータビリティの申し込みをする際には、確認しておいた方がスムーズです。

やはりこれに引っかかるケースが多くなっているようでmineoのサイトでも注意喚起されてますのでご注意ください。(僕の友人もこのケースにハマりました)

手順2.SIMを注文

続いて、mineoのサイトでSIMを注文します。

念のため確認になりますが、SIMの注文時に必要となるものは以下の3つです。

  1. 支払用のクレジットカード
  2. 本人確認書類(運転免許証など)
  3. ナンバーポータビリティの予約番号(有効期限まで10日以上ある状態)

 

これらの装備が整ったらいよいよmineoのサイトでSIMを注文します☻

▷ mineoのサイトへ

MEMO
mineoでは毎月の支払はクレジットカード払いになります。

クレジットカードを持っていない人は少ないと思いますが、もし持ってなければ用意する必要があります。

僕のメインカードでヘビーユーズしている>>>☆★楽天カード新規入会キャンペーン★☆
「年会費無料!新規入会でもれなく楽天スーパーポイントがもらえる」

手順3.SIMを挿して切替設定

mineoのSIMを注文すると、だいたい3日後くらいに届きます。
※僕は月曜に注文して木曜に届きました。

SIMを挿し替える方法&mineoへの切替え方法についての冊子が届くので、それに沿って進めます。

この切り替え設定をしたタイミングが、元のキャリアの解約、そして同時にmineoの新規契約となります。

MEMO
切替え設定をする時間帯について

できるだけ月末にするのがオススメと書きましたが、mineoへの切替え設定を受け付けてもらえる時間が9:00~19:00までと決まっています。切替え設定をしてからスマホが使えるようになるまで1時間程度かかりますので、切替をする当日は余裕をもって日中のうちにしてしまいましょう。

僕は初めて乗り換える際にこれをミスって月を跨いでしまい、auの翌月の料金が発生してしまいました..(みなさんはお気をつけて)

契約時に役立つアドバイス

最初に選ぶべきデータ容量コースは半分でいい!

mineoは契約した月の基本料金は日割りで計算されますが、ご親切なことにデータ容量の方は日割りにはならないため、mineoを契約した月のデータ容量はひと月分まるまる利用可能です。

とは言え、僕がオススメしている出来るだけ月末に乗り換える場合はその月のラスト数日のうちにデータ容量を使い切れるワケがありません。使い切れずに余ったデータ容量は、mineoではひと月先までは繰り越しされるため、実質、乗り換えた翌月に注文時に選択したデータ容量の2倍が使えるようなイメージとなります。

と、いうことで

SIM注文時に選ぶデータ容量コースは利用する見込みのデータ容量の半分くらいを目安にしておくといい感じです。現在のキャリアの明細書などで利用しているデータ容量をチェックしておきましょう。

乗り換え時に発生する費用を総ざらい

mineoへの乗り換えに際し、発生する費用がいくつかあるので「えっ!コレにお金かかると思ってなかった/(^o^)\」とならないよう念のためまとめておきます。

乗り換え時に必要になる費用です。※元々契約しているキャリアへの月額料金は除いています。

  • ナンバーポータビリティ事務手数料
    [元々のキャリアへ]2,000円 ※ソフトバンクのみ3,000円
  • キャリア解約の違約金
    [元々のキャリアへ]¥9,500ほど ※更新月であれば無料
    ※乗り換え後の月々料金が劇的に安くなるため結局お得になります。
  • 契約事務手数料
    [mineoへ]3,000円
  • 切替設定をした月の月額料金
    [mineoへ]基本料金は日割り

※格安SIM自体の購入費用はかかりません。

まとめのヒトコト

最後まで読んで頂いてありがとうございます^^

当記事ではシンプルに手順だけまとめてみました。他にもmineoの魅力についてや、一家全員でmineoに乗り換えた結果の料金を記事にしています。

格安SIMのmineo(マイネオ)に乗り換えた家族のリアルなスマホ料金を公開します【父母は契約5ヵ月目】
mineo(マイネオ)のメリット語り倒し!格安SIMの中でコスパ抜群

enjoy 格安SIM!! ☻ enjoy mineo!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です