SNSの活用

LINEのリンクをタップするだけでSafariで開く方法【iPhone/iPad】

当記事はiOSアプリ(iPhone・iPad)での話です。

LINEはデフォルトの設定ではトーク内で送受信したリンクをタップした場合に、SafariではなくLINEアプリ内のブラウザが立ち上がる仕様になっています。

けど、このLINEアプリ内のブラウザって全画面での表示ではないので見づらくないですか?

リンクをタップしたときにSafariが立ち上がるように設定しておくと快適です。

ちなみに、自分のiPhoneでSafariで開くようにする方法と、相手のiPhoneでSafariで立ち上げさせる方法があります。

  1. 自分のiPhone:タップするだけでLINEのリンクを常にSafariで開くようにする設定方法(便利)
  2. 相手のiPhone:LINEで送ったリンクをタップしたときに強制的にSafariで開いてもらうURLの書き方(使う機会あんまない)

②は少々マニアックですが、①は役に立つと思います。

①自分のiPhone:タップするだけでLINEのリンクを常にSafariで開くようにする設定方法

自分のiPhoneでリンクをタップしたときに自動的にSafariで開くようにする設定方法を紹介します。

  • STEP1
    LINEの設定を開く
    ホーム画面の左上の歯車マークをタップして設定画面を開きます。

    ホーム左上の歯車マークをタップ
  • STEP2
    設定のLINE Labsを選ぶ
    LINE Labsを開きます。

    LINE Labsをタップ
  • STEP3
    リンクをSafariで開くをON
    Labs=研究所の意味で、今後標準機能としてLINEで使えるようになる(かもしれない)機能を試すことができます。

    リンクをSarafiで開くをON
  • STEP4
    完了!

設定はこれで終わりです。簡単でしょ?

トーク画面でリンクを押してSafariで開かれるか試してみてください。

②相手のiPhone:LINEで送ったリンクをタップしたときに強制的にSafariで開いてもらうURLの書き方

こちらは、送ったリンクを相手方にLINEのブラウザではなくSafariで開いてもらいたい!というときに使うものです。

(利用シーンあんまりないかも)

送信するURLの最後に「?openExternalBrowser=1」というパラメータを付けるとリンク先がSafariで開きます。External(=外部の)ブラウザで開けという意味のパラメータです。

例えば、「https://jun1ch.com/」というURLをトークで送ってSafariで見てもらいたければ、「https://jun1ch.com/?openExternalBrowser=1」とするだけでOK。

ちなみに友人のアンドロイドでも挙動確認してもらいましたが、このパラメータを付けた場合と付けていない場合で変わりませんでした。(機種によって動作が変わる可能性もありますが)

↓相手がiPhoneの場合は効果あります。

コピペ用

?openExternalBrowser=1

まとめ

①は一度設定しておくと便利だね!

②は利用シーンあんまないよね!
自分のようなWEBサイト制作者にはありがたい仕様なんだけどね

今回はここまで、ではまた!

\最後までありがとう/

つい先日、下記のようなウェブサイト制作に使えて上限100万円までもらえる持続化補助金の申請サポートをしたのでその話を記事にしました。

  • ✅ ホームページ制作や更新作業
  • ✅ 通販サイトの集客・売上UPのための対策
  • ✅ 制作したサイトの宣伝(Google/SNS)

締切り2020年10月2日までなのでまだ間に合います。ご検討中の事業者さんはチェック↓